お客様の声

  • 境界確認・・・広島市 50代女性
  • 地積更正分筆登記・・・広島市 60代男性
  • 里道払下による表題登記・・・広島市 法人 

・境界確認  広島市在住 (50代女性)

自分の土地の境がわからず、適当に草刈をしていたら、

ある日隣人に叱られました。

その日以来、草刈するのが怖くなり放っておいたら

どんどん茂り、雑木が生い茂るようになりました。

そうなると、又隣人から「枯れ葉が落ちるので何とかして欲しい」

との要望。

どこからどこまで手をつけていいやら悩んだ末に相談しました。

 

測量後、双方立会いの後境界標が明示されはっきりしたことにより

草刈など管理がしやすくなりました。

又、お隣ともある種の誤解が生じていたことが判明し、

色んなことがすっきりしました。

こんなことなら早くお願いすれば良かったと思いました。

これからは、境界標を大事に管理します。

 

 

こすも事務所より

このケースは、境界標が亡失したことにより

お互いの境がわからなくなっていたものでした。

お隣の方が最初に伐採してはいけないと言われたのは

雑草にまぎれてお茶の木があったためでした。

境界を確認する際は、昔からの資料等も参考に

沢山の調査をしますが、当事者及びまわりの方からの

情報により見えてくるものがあります。

境界をきちんと明示したことで双方のわだかまりも

解決できて本当に良かったです。

なお、境界標を大切にされることは勿論ですが、

境界確認書も大事に保管お願いします。

もし境界標が亡失しても、座標により復元することが

可能です。

 

 

 

地積更正分筆登記 広島市在住 (60代男性)

現地で実際に車の入出庫をして、分筆線を決めることが

できたので良かった。

 

 

こすも事務所より

分筆登記をしてしまってからの変更は大変です。

2.5m幅では狭いのではないかと懸念されていましたので

現地で実際に車を出し入れして頂き再検討して頂きました。

結果20センチ広げ、隅切を設けることで入出庫に

余裕が生まれました。

家を建てられて住まわれる場合、駐車するのは日常なので

大変重要なことと捉えてます。

同じ幅でも、工作物の有無や前面道路の幅により

大きく左右されますので、注意が必要です。

 

里道払下による表題登記 (法人)

銀行による融資を受けようとしたら

土地の真ん中に里道がとおっていることが

わかったので、払下及び登記を依頼した。

急ぎでやってもらって助かった。

 

 

こすも事務所より

見た目では一つの土地に見えても

土地が何筆にも分かれていたり、

水路や里道が間に通っている場合も

よくあります。

水路や里道の原型が既にない場合

「払下」による土地の取得ができる

ことがあります。

お急ぎとはわかっていても、役所や

その他の事情によりお応えできかねる

場合もございますが、

この案件は比較的スムーズに

業務を完了することができ

良かったです。

 

こすも土地家屋調査士事務所

広島市安佐北区落合五丁目

 28番11号 

 

TEL:082-881-0002

FAX:082-881-0020 

(受付時間9~18時)

 

email;  cosmo-jimusyo@cosmo-en.co.jp

休業日

日曜・祝日 

 

対象地域

広島県全域・山口県・島根県の一部 

 

お気軽にご相談ください